8月16日 大石田まつり「最上川花火大会」

2018.08.01

,

大石田町内を流れる最上川に架かる「大橋」の完成を祝い始まったまつりで、約90年の歴史があります。その年に成人を迎えた若者による「成人神輿」や神輿団体による勇壮な神輿渡御が行われます。また、数千の灯篭が流れる中、大型花火を中心とした約3,000発の花火が打ち上がります。観覧場所と打ち上げ場所が近く、まるで自分の真上で花火が開いているような感覚になります。記念花火やスターマイン、創造花火など変化にとんだ打ち上げの最後を飾るのは、日本一の町民号「20号玉(2尺玉)10連発」。開花時の直径が450mを超える大型花火が次々に打ち上がる光景は感動間違いなしです。

<最上川花火大会スケジュール>
◆川供養 午後3時から 川端地内船着場
◆神輿渡御 午後5時30分から
 大桂睦会・山形連合による神輿渡御
 佐田町⇒本町⇒四日町 
◆神輿渡御 午後6時15分から
 平成30年度成人者一同による成人神輿
 本町⇒四日町
◆最上川花火大会・灯篭流し 午後7時から(午後9時終了予定)
 ※小雨決行(荒天時のみ最大19日まで順延)

最上川花火大会に伴う交通規制について・臨時列車大石田まつり号について(大石田町ホームページに移動)

お問い合わせ(大石田町ホームページに移動